まるはりMOOK 播磨の名店

まるはりMOOK 播磨の名店 page 8/24

電子ブックを開く

このページは まるはりMOOK 播磨の名店 の電子ブックに掲載されている8ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
「見て美味しい、食べて美味しい、がコンセプトです」と店主の笹間さん。一目で季節を感じさせる、旬の食材の鮮やかな色と滋味深い味わい、盛り付け、器との見事な....

「見て美味しい、食べて美味しい、がコンセプトです」と店主の笹間さん。一目で季節を感じさせる、旬の食材の鮮やかな色と滋味深い味わい、盛り付け、器との見事な調和に心を奪われる。季よせ(季節を寄せる)の店名の通り、その時期にしか味わえ料理人の技がひと際冴える八寸。旬の海の幸と山の幸をひと口サイズに凝縮し、さゝま流に季節感を表現。「さゝま」の焼印を施した厚焼き卵には、すり身が入っており、定番の逸品となっている。五感を研ぎ澄ませ、心ゆくまで店主の笹間 照太さんは、何か目に見えない力で日本料理の世界へ導かれたように思える。金沢の料理店での修行時代を経て、若干24才で地元姫路の有名店の料理長に抜擢。2014年に自身の店を構えてからは、その才能が一気に開花し、多くの支持を集めている。目で味わい、舌で味わう。独創的に華開く、四季の移ろいを映し出す日本料理季よせ さゝま至極の名店008